gakuran.jpg


高校生のファッションと言えば、”制服をどう着るか”というのとほぼ同じ意味でした。

最低でも週に5日は制服で過ごすので、当然ですね。


通学途中には、電車内で見かける他校の女子を意識し、学校に行けば教室の女子を意識して、制服の着方はとても関心を持っているのです。

わたしの高校では黒の学生服、いわゆる「学ラン」が制服として決まっていました。

学ラン着方(着くずし方)といえば、ボタンを開けることですが、通常は一番上の第一ボタンを外すパターンです。

(第二ボタンまで開けると、チャラく見られる)

その外した第一ボタンの隙間から、ちらっと見える部分に、男子高校生はこだわりを持っているものです。

スタンダードなタイプは、中に着ているYシャツがそのまま見えるタイプ。

一般的な、高校生男子のスタイルです。この場合Yシャツのボタンは2つ外すことがほとんどです。

個性を出したい生徒は、中にカラーTシャツを着て、チラ見せします。

Tシャツの色は、原色に近い色や、ビビッドな蛍光色を身につけると、いっそう目立ちます。

さらに目立ちたい場合は、中にパーカーを着用し、そのフードを学ランの外に出して着ています。

とてもヤンチャな雰囲気になりますが、校内では先生にしかられ、街では絡まれやすいので、とてもリスクのある着方です。

大人から見ればくだらないと感じることも、男子高校生にとっては、真剣にこだわっていました。

それを思い出して、懐かしくなりました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。